電話をしていなければウイルスバスターに出会えませんでした

大衆が支える電話という連絡手段。SNSとウイルスバスター。

電話をしていなければウイルスバスターに出会えませんでした ヒトは五感を利用して情報を処理する性質を持っています。視覚優位の個性を持った人もいれば、聴覚優位という個性を持った人物も存在します。特に日本人は後者である聴覚優位のサラリーマンや女性が多いという指摘があります。それは文字通り、聴覚から得る情報を大切に思う性質であり、眼で情報を得るよりも電話などで情報を受けた方が、頭に入りやすい状態を指します。そのため日本人の多くが電話というツールを大切に思っています。メールや手紙が発達している昨今でも、あえて聴覚を使った連絡手段を大切にする職場や組織も珍しくありません。耳で聴いた方が理解出来る、そんな大多数の日本人の個性を尊重したシステムかもしれません。いずれにしろ、日本人の多くがスマートフォンや携帯電話を持ち、言葉を利用してコミュニケーションを行っています。今では色々な通話プランもあり、なかには海外と通話出来るサービスや基本的に無料という通話サービスなども存在します。

その一方でインターネットの普及によって、近年急速に世間に浸透しているのがSNSです。無料で登録、会話出来るサービスが大半で、コストが掛からないという利点が魅力的です。ただネット上でのコミュニケーションにはリスクがあり、ウイルスや危ないリスク、フィッシング行為などが存在しているため、対抗策となるウイルスバスターなどのソフトウェアをあらかじめ、本体にインストールしてから、SNSの利用に臨んだほうが適切だと言われています。

Copyright (C)2022電話をしていなければウイルスバスターに出会えませんでした.All rights reserved.